ID情報統合管理製品「EntryMaster」(エントリマスター)

製品概要

各種システムやクラウドサービスの利用拡大に伴なって分散してしまったID情報は、そのまま管理業務の煩雑化に直結します。「EntryMaster」(エントリマスター)は、それらのID情報を一元的に管理し、運用負荷を軽減しつつ正しいIDライフサイクルを提供する、ID統合管理ソフトウェアです。ID情報の入出力(連携)対象として、Active Directoryや各種LDAP、CSVファイル、クラウドサービスなどに対応可能なほか、各種機能の運用・メンテナンスのためのインターフェース、証跡(ログ)機能などを提供します。

製品特長

  • さまざまな登録インターフェースユーザ情報を一括登録するためのCSVインポート機能、Active DirectoryやLDAPディレクトリからユーザ情報を取り込む機能を提供します。
  • 多様な外部連携先へのインターフェースを提供ユーザ情報を他のシステムへ連携(プロビジョニング)するためのCSVエクスポート機能、Active DirectoryやLDAPディレクトリへ連携する機能、各種クラウドサービスへ連携する機能を提供します。
  • 管理者/利用者向け機能管理者用のインターフェースのほか、利用者に対しては利用者自身でのパスワード変更・リセットを可能とするセルフメンテナンス機能を、それぞれWeb UIとして提供します。
  • 優れた拡張性と可用性ユーザ情報を管理するリポジトリにはLDAPを採用。検索性に優れており、また属性情報の拡張にも柔軟に対応可能なディレクトリサーバです。
  • 証跡機能情報セキュリティや情報統制活動の普及に伴なって、証跡管理の目的や重要性も広く認知されてきました。「EntryMaster」では、ユーザ情報に対する操作履歴や、他のシステムへの連携証跡をログとして記録します。管理者は、Web UIから検索・参照することが可能です。

導入イメージ

導入イメージ
EntryMasterは、内包するLDAPリポジトリ(=メタディレクトリ)と、外部(AD、LDAP、クラウドサービス、CSV等)との、ID情報のインプット/アウトプット連携機能を備えています。また、管理者/利用者向けに、Web UIでのインターフェースを提供しています。これらによって、EntryMasterによるシステム横断的なID管理を実現し、また管理負荷の軽減と利用者の利便性向上を両立することが可能となっています。

導入要件

項目要件内容
システム要件OS:RedHat系Linux、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016
必須ソフトウェア:Apache/Tomcat/JDK
インストール要件ハードディスク:20GB以上の空き容量 メモリ:4GB以上
保守初年度より保守契約が必要 (次年度以降は自動更新)

価格

こちらのページからお問い合わせください。

※「AuthWay」「CloudLink」および「EntryMaster」は株式会社アイピーキューブの登録商標です。